ESP    JPN   

Monthly Archives: 11月 2014

連日の晴天

雨季に入っていて通常だと雨の多い時期。ところがこの1週間、晴天が続いています。風は強いですが雨が1滴も降っていません。トレッキングなどをする観光客にとっては嬉しい!のですが、恵みの雨が降らないことは農家の人々にとっては痛手(実は雨季は作物を育てる時期なんですね)。リマからワラスに戻ってきて雨を予想していたので、なんか肩すかしをくらったような・・・。ジャンジャン降る雨が恋しい今日この頃です。...
Read more

リマの中華料理屋 Salon Capon

  • salon capon01 650×400
  • salon capon02 650×400
  • salon capon03 650×400
  • salon capon04 650×400
  • salon capon06 650×400
  • salon capon07 650×400
  • salon capon08 650×400

無事免許の更新も終わり、私たちがリマで(ペルーで?)一番おいしい中華料理を出すと思っているサロン・カポン/Salon Capon へ行ってきました。いろいろおいしくて食べ過ぎてしまうのが難点。

ペルー在住外国人の免許更新手続きについて

ペルーに住んでいる外国人が免許の更新をする際は、ペルー人が必要な書類に加え、2014年5月から新たな書類 (居住地を証明するもの、以下4番) と証明写真の提出が必須となっています。

【MTC における免許更新で必要な書類】

  1. Certificado Médico de Evaluación Psicosomática (Examen médico)
  2. Certificado de Curso de Reforzamiento del Conductor (教習所で申し込み。受講内容は免許のカテゴリーで異なる)
  3. 更新手続き料 S/.24.50 (Banco de La Nación)
  4. Cert. De Insc. en el Registro Central de Extranjeria (Migraciones内の CIRCE にて申請。Web予約必要なし。Formulario 003, S/.20.90, 受け取りまで土日祝を除き3日かかる)
  5. 証明写真 1枚

4番で注意しなければいけないのは、必ず住所情報を入れてもらうよう依頼しなければならないことです。Migraciones での Formulario には証明書への記載希望項目を選ぶ欄があるのですが、住所を希望できる欄がないので、自分で追加して依頼してください。これがないと Ministerio de Transportes y Comunicaciones は受け付けてくれません。

上記書類申請時には証明写真が都度必要になります(私の場合は合計5枚でした)。1. と2. の書類は有効期限3ヶ月です。免許更新のための教習所通いは免許が切れる30日前から可能です。免許が切れてから5日後までは更新手続きができます。

...
Read more

ペルー旅行記:トゥルヒーヨの「月の神殿(ピラミッド)」

気分転換に、ペルー北部の海岸砂漠の町トゥルヒーヨへ。ミクロと呼ばれる地元のバスに乗り、紀元後50年から850年頃に作られたと言われるモチェ時代のピラミッド遺跡を見に行きました。

その名も「モチェ」という町に2つのピラミッド、「太陽の神殿(ワカ・デル・ソル)」と「月の神殿(ワカ・デ・ラ・ルナ)」があります。この時代には人身御供(じんしんごくう:人間の生贄)が行われたことを示す土器の絵やデザインが多数残っているため、この神殿は戦争の捕虜を生贄にして天に捧げる儀式を行っていた重要な場所だったようです。

huacadelaluna00

どちらの神殿もアドベと呼ばれる日干し煉瓦でできているため外側は風雨による損傷が激しいですが、月の神殿は内部に独特のデザインで装飾されたカラフルな壁がそのまま残っており見学することができます(太陽の神殿は調査中のため現在は非公開)。

huacadelaluna01

これ(↓)が神殿内部の壁の奥から見つかった「アイ・アパエック」という「世界を創造した神」のデザイン。なぜ壁の奥からかというと、ここでは元の神殿を土台として新しい大きな神殿が作られる(増築される=神殿更新)ということが数回繰り返されていたようで、壁の奥を調査してみたら一番最初に作られた壁が出てきた、というわけ。

huacadelaluna02

周囲をクラゲ? 宇宙人? のようなものに囲まれ、波打ったような髪の毛とあごひげのようなものをたくわえ、大きく見開かれた両目、大きな鼻、四角い顔が特徴のアイ・アパエック。当時の人たちはどんな気持ちでこの壁を眺めていたのでしょうか。畏敬の念を持って? 空想上の人物として? それとも実在の人物として?

さらに奥へ進むと、175m×90mの大きな広場に面した巨大なピラミッドの外壁が現れます。その壁は地面から21m、計7段にもわたる立体的な絵が描かれています。戦士、捕虜となった者、神官、人間の腕が2本ついているクモらしき生き物、魚を持つ人物、しっぽにも頭を持つ怪物、竜、両手に杖を持つ創造の神・・・。

huacadelaluna03

また外壁の片隅には、神話を描いたといわれる不思議なデザインの小さな壁も残っています。

huacadelaluna04

このようにしっかりとデザインや色が残っている日干しレンガのピラミッドは世界でも相当珍しく、人類史の謎解きに一役買うことになるか、もしくはさらに謎が深まるか(笑)。トゥルヒーヨにきたら、ぜひ月の神殿へ足を運んでみてください。そこから歩いていける博物館も見ごたえありですよ。ペルー料理やデザートもおいしい場所たくさん!

...
Read more