ESP    JPN   

Yearly Archives: 2015

お世話になった村でのクリスマス・イベント、チョコラターダ

  • chocolatada01
  • chocolatada02
  • chocolatada03
  • chocolatada04
  • chocolatada05
  • chocolatada06
  • chocolatada07
  • chocolatada08

ブランカ山群トレッキング時にキャンプ場を提供していただいている小さなコミュニティ(村)で、感謝の意を込めたクリスマス・イベント(チョコラターダ/Chocolatada)を実施しました。

ワスカラン国立公園と縁の深い 「鎌倉ユネスコ協会」の皆さんと、いつもワラスでのトレッキングや登山等を共に実施している 「Explorandes社」 、そして我々 「n&iペルー」 の共同企画です。

子どもや大人と一緒に野遊びをし、クリスマスの伝統的飲み物 チョコラテ・カリエンテ(ココアみたいなもの) を皆で飲み、最後に、ガイドが扮したパパ・ノエル(サンタ・クロース)が、 こども全員と各家族にプレゼントを渡しました。

村の皆さんはとても喜んでくれ、主催側としても、とても楽しく嬉しいイベントとなりました。Feliz Navidad!

グアテマラ旅行記 : アカテナンゴ火山から見る、活動中のフエゴ火山

生まれて初めて自分の目で見て体感した、生きている火山。地面が揺れるような、思わず恐怖を感じてしまうような轟音とともに、山頂から吹き出るマグマと灰色の煙。

マグマと、ひたすら広がる雲海からの日の出が見られることを期待して、グアテマラの古き美しき町 アンティグア/Antigua 発の、1泊2日トレッキングに参加しました (ボルカン・アカテナンゴ・トレッキング/Volcán Acatenango Trekking)。

Volcan de fuego00 650x400

テントや寝袋、マットをそれぞれ担ぎ、5時間登って、活動中のボルカン・デ・フエゴを近くで見ることのできるキャンプ場に到着。日中はマグマが出ていたとしても見えるのは煙だけですが、夜になれば、赤いマグマがドオオォォーーン! とかなりの高さ吹き上がる様子を見ることができます。3日前くらいは数秒おきに激しく噴火していたそう。我々がいた頃は十数分から数十分おきとなっていたけれど、それでも噴火時はすごい迫力。

Volcan acatenango01 650x400 Volcan acatenango02 650x400

2日目は3976メートルのアカテナンゴ山頂で日の出を拝むため、夜が明ける前から歩き始めます。眼下に広がる街の夜景や空が明るくなるにしたがって刻々と色を変える遠くの山々のシルエットが美しく、時々ボルカン・デ・フエゴが噴火し・・・そして、日の出。あぁ、自然はなんと美しいのだろう・・・。

Volcan acatenango03 650x400 Volcan acatenango05 650x400Read more

グアテマラ旅行記 : アティトゥラン湖 サン・マルコス・ラ・ラグーナ

アティトゥラン湖/Lago de Atitlan のサン・マルコス・ラ・ラグーナ/San Marcos La Laguna に5日間滞在しました。ここでのオススメは・・・

「ゆっくりすること!」

日本食料理屋のアジャラ/Allala、オススメです。場所がわかりにくいけど、村の人に聞けばすぐに教えてくれます。オーナーの SEIKO さんが最高にいい人。旅人の AKIO 君や MIHO さんとの出会いもよかった。

あとアティトゥラン湖周辺の別の町になるけれど、サン・ペドロ・ラ・ラグーナ/San Pedro La Laguna の豆腐バーガーと納豆、サン・アントニオ・パロポ/San Antonio Palopó の陶器、サンタ・ルシア/Santa Lucia に住む Pedro さんのマヤ・セレモニーもとてもよかったなー。

Atitlan San Marcos 650x400 Atitlan San Marcos Full Moon 650x400...
Read more

グアテマラ旅行記 : ケツァル、Yo lo ví! (私は見た!)

飛ぶ姿が龍のようだと形容され、手塚治虫の「火の鳥」のモデルである美しき鳥、ケツァル/Quetzal (Pharomachrus mocinno)。グアテマラの国鳥で、通貨の単位にもなっています。メキシコからパナマにかけての霧が多く発生する森(雲霧林:うんむりん)が生息の場ですが、人間が森を伐採しまくったことで、今では準絶滅危惧種の一員です・・・。

なかなかお目にかかれないというもっぱらの噂。しかし、熱帯雨林トレッキング中に同じチームだったスペイン人が 「ここだったらかなりの確率でケツァルを見ることができるよ」 と、Ranchito del Quetzal (Reserva Natural Gucumatz) という場所を教えてくれました。ここは親子3代に渡りケツァルの森を保護し続け、ちいさな宿泊施設やカフェ・レストランを経営しているところです。

私たちは早朝6時の開園と同時に到着し、なんとたったの5分で目撃に成功。その日の午前10時くらいに来たフランス人はこのケツァルを見るためだけにコスタリカに3日間滞在したものの結局見ることができず、ここ、グアテマラのランチート・デル・ケツァルの30分くらいの滞在で見事念願を果たし、とても喜んでいました。カフェ・レストランの壁には、いたるところに憧れのケツァルを見た人の感動の一言が書き込まれています。

Quetzal 650x400 quetzal muro

本当に綺麗でかわいらしい鳥。子育て時期が終わり、ちょうど尾羽が伸びかけている時期だったので、長ーーく垂れ下がる様子は見ることができませんでしたが、ほぼ2日間の滞在で、オス・メスあわせて10羽以上見たのではないでしょうか。午前中だったら見られる可能性は高いですが、一番のオススメ観察時間帯は朝6時前後からの2~3時間くらい。一見の価値あり!

...
Read more