ESP    JPN   

Monthly Archives: 5月 2016

インカトレイル・トレッキング 2016 ~3泊4日 2日目~

  • IT03
  • IT03-1
  • CUZ2-01
  • IT03-2
  • IT04
  • IT05
  • IT05-1

寒い夜が明け、峠越えの日。長い長い登りの連続。キャンプ場からは目指す峠付近の山々が見えます。あんなところまで行けるのだろうか、という思いが胸をかすめるほど、遠くに見えて・・・。

慣れない高所で息を切らせ、汗をかきながら、一歩、一歩。ひたすら続く石段が、うらめしく思えることもありました。しかし、歩き始めてからほぼ6時間半、ハチドリや小さな高山植物に見守られながら、全員が 4200m の峠越えを達成! 小さな一歩でも積み重ねていけば、遥か遠くに見える峠をも越えることができる。そのことを自らの体で証明した感動の瞬間でした。

峠の素晴らしい景色と、E子母さんの聖なる歌に癒された後は、力を振り絞り、今夜のキャンプ場まで下りました。

【関連リンク】
リマ編
クスコ・聖なる谷編
インカ・トレイル1日目 
インカ・トレイル3日目
インカ・トレイル4日目
ワイナピチュ登山と月の神殿
クスコ市内

インカトレイル・トレッキング 2016 ~3泊4日 1日目~

  • IT01
  • IT02
  • IT02-1
  • IT02-2

インカ・トレイル・トレッキング 1日目。鉄道82㎞地点までバスで移動します。下車後、準備を整え、様々な思いを胸に最初の一歩を踏み出すメンバー。これから先、どんなことが待ち受けているのか!?

1日目はウルバンバ川沿いにゆるやかな上り下りを繰り返します。独特の形をした土台を持つヤクタ・パタ遺跡(パタ・ヤクタとも)を上から見下ろした後は別の谷へ。キャンプ場に到着したころには、夕暮れが迫っていました。

夜の帳が下りると、天の川や人工衛星、流れ星がくっきり見えるほどの快晴な夜。UFOが来そうな予感!? みんなで手をつないで呼んでみました。あっ! 本当に来た!

【関連リンク】
リマ編
クスコ・聖なる谷編
インカ・トレイル2日目
インカ・トレイル3日目
インカ・トレイル4日目
ワイナピチュ登山と月の神殿
クスコ市内

インカトレイル・トレッキング 2016 ~クスコ・聖なる谷編~

  • CUZ01
  • CUZ02
  • CUZ02-1
  • CUZ04
  • CUZ05
  • CUZ05-1
  • CUZ06
  • CUZ07

今日は飛行機で、標高ほぼ50mから3400mへビューンッとひとっ飛び。1時間ちょっとでかつてのインカ帝国の首都クスコへ入りました。聖なる谷に点在する神秘の遺跡群には、かつて大地や天体や人が持つ純粋エネルギー、つまり自然エネルギーを大いに活用していた跡が残っています。我々が忘れてしまっている超技術がここに! 一般的にはあまり足を運ぶことのない場所にも足をのばし、トレッキングに向けて足慣らしです。

地下からこんこんと湧き出る塩水を利用した昔ながらの塩田も見学しました。塩の結晶が美しかった。さぁ、いよいよ明日から、インカ・トレイル・トレッキングが始まりますよ!

【関連リンク】
リマ編
インカ・トレイル1日目 
インカ・トレイル2日目
インカ・トレイル3日目
インカ・トレイル4日目
ワイナピチュ登山と月の神殿
クスコ市内

インカトレイル・トレッキング 2016 ~リマ編~

  • LIM08
  • LIM01
  • LIM02
  • LIM03
  • LIM04
  • LIM02
  • LIM03
  • LIM07

木村太郎 × n&iペルー による、マチュピチュ遺跡へ歩いていくインカ・トレイルの旅がスタート! 今年も素敵なメンバーが集まりました。

日本発同日の深夜にリマに到着し、午前中はホテルでゆっくりしたメンバー。お昼は、南米でも随一と言われるペルー料理を堪能しました。ヒラメやウニのセビーチェ、子ヤギ肉のとろとろ煮込み、海鮮チャーハン、海鮮フライなど、「うまいッ! @o@」の声があちらこちらから聞こえてきます。

その後、ペルー国立考古学・人類学・歴史学博物館へ向かい、ペルー・アンデス文明の謎に触れました。かつて教科書で教わっていた「歴史の共通認識」に「?」が浮かぶような遺物がたくさん。いったい過去に何が起こっていたのか?

リマの世界遺産、植民地時代の名残を残す旧市街地にも足を伸ばし、この日はリマでもう1泊。明日からクスコ方面入り!

【関連リンク】
クスコ・聖なる谷編
インカ・トレイル1日目 
インカ・トレイル2日目
インカ・トレイル3日目
インカ・トレイル4日目
ワイナピチュ登山と月の神殿
クスコ市内