ESP    JPN   

Category Archives: ペルー trip (ワラス以外)

お勧めのペルー・ジャングルツアー TRC(タンボパタ・リサーチ・センター)

  • 01 lodge2
  • 02 lodge1
  • 03 carpintero
  • 04 colibri
  • 05 trogon
  • 06 guaca
  • 07 guaca-escarlata
  • 07-parrot
  • 08 bote-amanecer
  • 09 caiman
  • 10 aullador
  • 11 titi-monkey
  • 12 jaguar

ペルー南東部、マドレ・デ・ディオスの熱帯雨林にある、タンボパタ・リサーチ・センター、通称TRC。1990年代にコンゴウインコの調査のため建設されたロッジはタンボパタ保護地区内に位置していて、生物多様性が豊かな場所として有名です。

今回、お客様に同行させていただく機会があり、たくさんの動植物を見ることができました。何百年もかけて大きくなったアイロンウッド、アバターのモデルにもなったカポックトゥリー、定番となっている三種のコンゴウインコ、イノシシの集団、木の上で移動する五種の猿、川沿いではカピバラやワニ、タランチュラ、そして単独で行動するジャガーまで遠望することに成功したのです。

この場所を訪問する人たちは、野生動物がすぐ目の前に現れてくれると思いがちです。しかしここは動物園や野生動物を一時保管する場所ではなく、大自然ジャングルの中。

私たちに付いたガイドはこう言いました。『ここは「動物を気軽に見られる場所」ではない。野生動物たちがあえて自らの姿を我々に見せてもよいと判断してくれたときにのみ見られる場所」なのだ』と。確かに! なぜなら、私たちが森の中に入って音を立てた時点で、彼らは我々の存在をいち早く察知しているのだから。私たちは彼らの大きな家にお邪魔させてもらっていて、実際に姿を見られた場合は「ありがたい」と考えることが大事なのではないかと感じました。

自然度よし、ガイドよし、ロッジよし、サービスよし、食事よし、で満足度の高い体験ができるTRC。こちらのツアーにぜひ参加してみませんか。弊社が手配いたします。

ナスカの地上絵とクスコ・マチュピチュ周辺遺跡

  • DSC_0609
  • DSC_0802
  • puente-del-inca

荒涼とした砂漠の大地に広がる幾何学模様、動物の絵柄。繰り返される質問。誰が、いつ、何のために。

クスコ、マチュピチュには、信じられない造りの魔法の遺跡群が点在する。

パラカス:保護地区ドライブとバジェスタス島

  • DSC_0232
  • DSC_0246
  • DSC_0322
  • DSC_0281
  • DSC_0327
  • DSC_0331

夕刻前から日没にかけてのパラカス砂漠。車で砂丘の上に出たら、赤い満月が僕らの目の前で輝いていた。

海鳥の楽園、バジェスタス島。ペリカンの繁殖期。不思議な地上絵も。

砂丘に咲くアマンカイ ~ロマス・デ・ルクモ~

  • amancaes
  • amancaes1
  • amancaes2
  • amancaes4
  • amances3

リマの砂丘、ロマス・デ・ルクモが、リマ特有の冬の濃霧に包まれています。濃霧からもたらされる水分が砂丘にしみこみ、砂の中に眠っている様々な種に届くことで、この時期だけ無毛の砂丘が植物たちで賑やかになります。「緑の谷/Quebrada Verde」と呼ばれるゆえんです。

緑の季節の始まりを伝える花があります。ヒガンバナ科の黄色い花、アマンカイ。この花が咲くと、「おっ! 緑の季節が始まったぞ!」となるわけです。開花ピークは5日ほど前に過ぎてしまいましたが、今日はまだ可憐な姿を見ることができました。枯れていくアマンカイの後、砂丘はさらに緑になり、多種多色の花が咲き誇ります。