ESP    JPN   

プカ・ベンターナ / Puca Ventana

ワラスから車で20~25分程度、町を見下ろす大きな十字架からさらに上へ道を進むと、風化した赤土が織り成す不思議な風景が現れます。「プカ」とはケチュア語で赤を意味し、「ベンターナ」はスペイン語で窓を意味します。赤土の壁の一部が風化で崩れてそこがまるで窓のようになって向こう側を望めることから、この名がつけられました。風化が進んでいるため、いつまで「窓」が残っているかはわかりませんが、周囲の風景とは一線を画す、静かで神秘的な場所です。