ESP    JPN   

Portfolio Category: 1日車ツアー

ヤンガヌコ谷:峠からの山岳大展望とチナンコチャ(氷河湖)

専用車でワラスから新ユンガイの町まで北上し、その後ワスカラン峰の北側にある巨大なヤンガヌコ谷方面へ東進します。約4700mの峠まで車で登り詰めると、迫力満点の山岳大展望に包み込まれることでしょう。ワスカラン、チョピカルキ、ワンドイ、ピスコ、チャクララフなどの名峰がお出迎えです。

再び車に乗り込んだ後は、来た道を谷の中腹まで戻り、チナンコチャを訪れます。チナンコチャはヤンガヌコ谷にある2つの氷河湖のうちの一つ。別名を女性湖といい、太陽の光を受けると湖面のエメラルド色が美しく変化します。道中ランチボックスでおなかを満たし、ワラスへ戻ります。

★チナンコチャから流れ出る沢に沿って、2時間程度のゆるやかな下山ハイクをすることも可能です。在来樹木のケニュアルが作り出す神秘的な森の中を歩きます。高山植物たちにも出会えますよ。

適期:(5月)6月~8月(9月) ※10月から4月の間でも天候次第で実施可能。

[su_accordion] [su_spoiler title="行 程" style="fancy"]

  • Day 01:ワラス 標高3090m → ヤンガヌコ谷 峠 4700m → 氷河湖チナンコチャ 3850m(希望があればゆるやかなミニ下山ハイク) → ワラス
[/su_spoiler] [/su_accordion]

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ワラスツアーページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)

...
Read more

ヤンガヌコ谷 チナンコチャ

ペルー最高峰ワスカランと4つのピークを持つワンドイの間にある迫力満点の巨大な谷、ヤンガヌコ谷。この谷には2つの湖、チナンコチャとオルコンコチャがあり、このツアーでは、美しい湖面を持つチナンコチャを見に行きます。「コチャ」とは現地の言葉ケチュア語で「湖」という意味。地元の村人が漕ぐボートに乗ることも可能です(有料)。チナンコチャは、ワラスからペルー最高峰のワスカランへ近づいていく方向にあるので、迫力ある雄姿を道中の車内から眺めることができます。

適期 : 通年 ※雨季は雲の動き次第

[su_accordion] [su_spoiler title="行 程" style="fancy"]

  • Day 01:ワラス 3090m → ヤンガヌコ谷 チナンコチャ 3850m → ワラス(歩きの標高差:なし)
[/su_spoiler] [/su_accordion]

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ワラスツアーページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)

...
Read more

ラフコルタ谷

ワラスから車で3時間程度で到着するラフコルタ谷。氷河湖(標高4271m)を訪ね、谷で昼食。車で来られて歩く時間も5分~30分程度。高度順応にお勧めの場所!

適期 : (5月)6月~8月(9月)

[su_accordion] [su_spoiler title="行 程" style="fancy"]

  • Day 01:ワラス 標高3090m→ ラフコルタ湖 4271m → ワラス
ウィルカコチャを同日に組み入れることが可能です [/su_spoiler] [/su_accordion]

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ワラスツアーページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)

...
Read more

プヤ・ライモンディ&パストルリ氷河

標高4000mから4500m付近でしか群生しない、花序を持つ植物では世界一の高さを誇る、プヤ・ライモンディを見に行きます。寿命が28年から最大で100年と言われ、センチュリープラントとも呼ばれています。葉の部分だけで直径3メートル。長い寿命の中でたった1度だけしか花をつけず、花を咲かせた後は枯れてしまいます。開花に関してはアタリ年とハズレ年があるので、運を天に任せて。。。しかし、立ち枯れているプヤ・ライモンディでも見る価値は充分にあります。

更に道を進むと、パストルリ峰の氷河へ向かう歩道のスタート地点となる駐車場へ到着(標高4700m付近)。車を降り、氷河を見渡せる展望台までゆっくり深呼吸をしながら歩いていきましょう(4900m付近まで)。途中の坂道では馬に乗ることも可能です(別料金、現地払い)。防寒防風対策をお忘れなく。

適期 プヤ・ライモンディは通年ですが、9月が旬と一般的に言われています。パストルリは通年行くことができますが、適期は(5月)6月~8月(9月)。

[su_accordion] [su_spoiler title="行 程" style="fancy"] 高山病を避けるため、高度順応プログラムを1~2日取られるか事前に標高の高い場所に体を慣らしていることをお勧めします

  • Day 01:ワラス 標高3090m → パチャコト → プヤ・ライモンディ群生地 4500m付近 → パストルリ氷河(ミニハイク)4700mから4900m → ワラス(歩きの標高差 : 登り200m、下り200m)
[/su_spoiler] [/su_accordion]

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ワラスツアーページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)

...
Read more