ESP    JPN   

アメリカ大陸最古 5000年前のカラル遺跡

  • caral01_650x400
  • caral02_650x400
  • caral03_650x400
  • caral04_650x400

アメリカ大陸最古(約5000年前)と思われる階段状ピラミッドがペルーの海岸砂漠地帯で見つかっています。文明として完全に認められたわけではなくまだ調査中の部分が多いですが、66ヘクタールもの大規模な都市遺構群の跡が認められ、注目が集まっています。

出土品や建築物から判断するに、すでに社会のヒエラルキーが存在し、天文学、数学、音楽、農業技術、建築技術等に優れた人々がいて、東西南北の幅広いエリアで物々交換をし補完しあっていたようです。

アンデスのみならず世界の歴史をも根底から変えてしまう可能性を秘めた場所、カラル遺跡。2009年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。リマの北、パン・アメリカンハイウェイ182km地点まで走り、そこから舗装されていないスペ谷のデコボコ道を23kmほど内陸に進んだところに駐車場があり、遺跡入り口まで歩いていきます。遺跡内は現地ガイドをつけて回ります。

適期
通年

旅程例
観光のポイント

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ペルー旅行ページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)