ESP    JPN   

ナスカの地上絵

  • nasca02_650x400
  • nasca03_650x400
  • nasca04_650x400
  • nasca05_650x400
  • nasca06_650x400

リマから450kmほど南へ。年間降水量1mmとも言われている荒涼とした砂漠の大平原に、ナスカの地上絵は描かれています。ハチドリや犬、クモ、サルなどに代表される絵や、絵よりも圧倒的に多い幾何学模様(直線、三角、台形など)まで、数十メートルから数キロメートルの地上絵が多数見つかっており、その数は数百とも、数千とも。農事暦を知るための天文学的サインだったのか、地下水源を示す暗号だったのか、はたまた宇宙人が地球に降り立つための滑走路や目印だったのか・・・。地上から眺めただけでは、どんな絵や模様が描かれているのかわからないのですから、描かれた動機が何だったのか、どうやって作られたのか、未だに説得力のある説は登場していません。

ナスカの地上絵は、ドイツ人のマリア・ライへさんを抜きにして語ることはできません。1903年にドイツで生まれ、29歳でペルーへ。ドイツ領事の子ども達の家庭教師や、リマでの教師活動をしながら、ナスカの地上絵を発見したアメリカ人考古学者ポール・コソックと出会い、地上絵に感化されます。私財を投げ打ち、まるで関心の無いペルー政府に対し地上絵の重要性を説き、人生の全てを賭けて保存活動を行いました。彼女の活動がなければ、地上絵は今頃消えていたかもしれませんね。彼女の功績により、地上絵は1994年にユネスコの世界文化遺産として登録。1998年、地上絵の近くで、彼女は95歳の生涯を閉じました。

適期
通年 ※砂漠地帯の冬の時期(7月~9月)は雲が多くなり、雲が晴れるまで飛行待機となることがあります

旅程例
観光のポイント

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ペルー旅行ページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)