ESP    JPN   

Portfolio Category: 自然・動物

ワスカラン国立公園 (ブランカ山群)

ブランカ山群は、南北180km、東西20km、世界の熱帯地域における最大規模、最大高度の山群であり、熱帯地域最高峰およびペルー最高峰のワスカラン6768mを有します。この山群一帯34万ヘクタールは、1975年1月にワスカラン国立公園として指定され、1977年には、生物圏の核となる重要な場所であることからユネスコの世界自然遺産として登録されました。

6000m以上の山が29座(個)、5000m以上の山が200座以上、氷河湖は434個、氷河は712個もあります。27の川が太平洋へ流れつき、17の川がアマゾン川となって大西洋へ流れていきます(2009年ワスカラン国立公園データ)。

自然と文化が豊かなワスカラン国立公園内および周辺での、自然体験プログラムを多数ご用意いたしました。

また、日本発着のモデルプランもございます。

★1:ブランカ山群トレッキング 日本発着11日から

★2:ワイワッシュ山群トレッキング 日本発着10日から

★3:歩き・体力必要なし!すべて専用車で行くブランカ山群満喫ツアー 車から降りたらそこが超絶景スポット

ペルー旅行ページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)

...
Read more

パラカスのバジェスタス島ツアー 自然保護地区

『リトル・ガラパゴス』とうたわれることがありますが、実際にガラパゴスでガイドをしている方いわく「面積当たりの動物の量は、ガラパゴスより凄いかも・・・」とのこと。パラカスの海は好漁場で有名。カタクチイワシなどの小魚が大量に生息するため、それらをエサにするカツオドリ、ウミウ、ペリカン、カモメ、アジサシなどの海鳥から、アシカの仲間であるオタリア(海のライオンといわれる)やフンボルトペンギンなどがたくさん集まってきます。そんな動物たちを間近に見ることのできる2時間程度のボートツアーが、「バジェスタス島ツアー」。

ボートのすぐ近くをペリカンの群れが飛ぶ、カツオドリが上空から垂直ダイビングして魚を獲る、オタリアの雄叫びが響く、大量のウミウで島が黒く見える・・・など、自然好き・動物好きならとにかく楽しい! 運がよければイルカが泳ぐ様も見られます。また、いつの時代に作られたかはっきりしない、砂の上に描かれた巨大な地上絵観察もツアーに含まれています。

適期 通年。特に1月~3月はオタリアの繁殖期にあたり相当数が岸辺にたむろしているので迫力あり。が、ハズレ年もある。

[su_accordion] [su_spoiler title="旅程例" style="fancy"]

  • Day 01 :リマ → 専用車か路線バスでパラカス(ピスコ)へ (→ 希望があれば隣町ピスコからナスカの地上絵遊覧飛行
  • Day 02 :パラカス → 桟橋からボートに乗りバジェスタス島ツアー → 専用車か路線バスでリマ
[/su_spoiler] [/su_accordion] [su_accordion] [su_spoiler title="観光のポイント" style="fancy"]
  1. 午前中8時台に出発するツアーと10時台に出発するツアーがありますが、風の少ない8時台のほうが揺れが少なくてよいです。

  2. 専用車であればツアー終了後、パラカス保護地区の奥地へ足を伸ばして、ビジターセンターや赤い砂浜と濃い青の海を見に行くのも楽しいです。

  3. ナスカの地上絵遊覧飛行との組み合わせも可能です。

[/su_spoiler] [/su_accordion]

ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。 → こちらのコンタクトフォームからどうぞ

ペルー旅行ページへ戻る(見たいカテゴリー名をチェック!)

...
Read more

【ボリビア編】 ウユニ塩湖

ボリビア・ウユニに、約12,000平方キロメートル(沖縄県の約5倍)もの巨大な面積を持つ塩の湖があります。このあたり一帯は標高3600mのアルティプラーノと呼ばれる山岳大平原地帯。塩で固まった湖面に立つと、360度ひたすら平らで真っ白な景色に包まれます。季節的には乾季と雨季にわかれますが、風のない雨季の、湖に溜まった雨水が作り出す一面鏡張りの神秘的な世界は信じられないほどの美しさ。湖畔に建てられた塩のホテルに泊まれば、ウユニでの思い出がさらに彩り豊かになることでしょう。一般的なウユニ塩湖ツアーから、トリックアート写真撮影、鏡張りの塩湖、朝日・夕陽・星空を目的としたツアーまで、ご希望にあわせてコーディネートいたします。ウユニからチリのアタカマまで抜けるツアーもアレンジできます。

適期 通年 ※鏡張りを狙うなら12月~4月にかけての雨季ですが、見られるかどうかは条件次第(下記参照)

[su_accordion] [su_spoiler title="旅程例" style="fancy"] ★おすすめ1

  • Day 01 :プーノ → デスアグアデーロ(越境) → 世界遺産ティワナク遺跡 → ラ・パス
  • Day 02 :ラ・パス →(空路)→ ウユニ、ウユニほぼ終日観光
  • Day 03 :ウユニ終日観光
  • Day 04 :ウユニ →(空路)→ ラパス ※もしくはアタカマツアー参加でチリへ抜ける
おすすめ2
  • Day 01 :プーノ → カサニ(越境)→ コパカバーナ → 太陽の島ツアー → ラ・パス
  • Day 02 :ラ・パス →(空路)→ ウユニ、ウユニほぼ終日観光
  • Day 03 :ウユニ終日観光
  • Day 04...
Read more

ミイラ崇拝 チャチャポヤスの自然と遺跡

ペルー北部、アンデス地帯とジャングル地帯の中間エリア(うんむりん/雲霧林)に、チャチャポヤスという名の町があります。チャチャポヤスは、「霧の民」という意味を持ち、実際に霧に包まれることの多いこの地域一帯には、紀元後800年から1470年ごろまでインカとは異なる世界観をもつチャチャポヤス文化があったようです。

とにかくミイラがたくさん見つかっています。それらはほとんどが盗掘の被害を受けていますが、丁寧に布で包まれ人型の石棺(陶棺)の中に保管されたり、または霊廟の中に置かれたりして大事に扱われていたようです。驚くことにそれらのものが、行くのも難しい断崖絶壁に安置されています。一説ではミイラにされているのは背の高い白人で、彼らは熱帯雨林から来たとか・・・。今でもチャチャポヤス周辺では肌の白い子どもが生まれることがあるので、あながち嘘ではないかもしれません。

当時のチャチャポヤスの民はどのような暮らしぶりだったのでしょうか。想像の手助けとなるのは、山の上に幅600m、高さ20メートルもの規模で石を積み上げて作られた都市跡、クエラップ遺跡です。いまだ整備が進んでおらず、遺跡内には木の根が張りめぐらされています。

雲霧林エリアは自然豊かで生物多様性の宝庫。ハチドリが多数生息し、全長771mの落差をもつ2段のゴクタの滝も見所の一つです。

リマからはバスを2台乗り継いで丸1日がかりで行くか、飛行機と専用車(もしくはバス)を利用して行くか。まだまだ交通の便が良くないため到着までに時間がかかってしまいますが、ご興味のある方はぜひ。

適期 通年 ※雨期(特に12月~3月)は土砂崩れが起きることがあり、交通に影響が出る可能性があります。逆に滝は水量が増えるため迫力満点です。

[su_accordion] [su_spoiler title="旅程例" style="fancy"]

  • Day 01 :リマ 標高150m → 空路でチクラーヨ 30m → 専用車でゴクタの滝近くの村コカチンバへ 1720m
  • Day 02 :コカチンバ → ゴクタの滝(下段)滝壷まで往復 → コカチンバ
  • Day 03 :コカチンバ → カラヒアの石棺 2550m → ソンチェの谷 2600m → チャチャポヤス 2350m
  • Day 04 :チャチャポヤス → クエラップ遺跡 3000m → レイメバンバ 2200m
  • Day 05 :レイメバンバ → レイメバンバ博物館 → チャチャポヤス
  • Read more