Nature and Interpretation Peru

Cevichocho

ペルー・アンカシュ県の郷土料理(B級グルメ)セビチョチョ

  • 2021.09.01 ペルー・ワラス
Akira Inoue Sayaka Ota Nakayama - Blog de nandi peru2

アンカシュ県のB級グルメと言っても過言ではない「セビーチェ・デ・チョチョ/Ceviche de chocho」。略して、セビチョチョ/Cevichocho。

「チョチョ」とは、マメ科植物であるルピナスの実のこと。ブランカ山群などでよく見かけるのは野生種で食用に適さないので、栽培品種化されたものを畑で育てて実を収穫し、三日三晩ほど水に浸して苦味成分を取り、茹でて食べます。

セビチョチョは、魚の白身のセビーチェ(レモン汁でしめたマリネ)とその漬け汁をチョチョにからめ、細かく切ったロコトと呼ばれる唐辛子をふりかけ、ポタと呼ばれるイカ(アメリカオオアカイカ)の唐揚げ、トマト角切り&タマネギサラダ、揚げとうもろこしのカンチャなどが付け合わせで出てきます。

Akira Inoue - Blog de nandi peru1
レストランによって盛り付けが異なる

市場の露天などで売っていることも多く、とてもきれいに盛り付けされています。食べたら病みつきになる味と食感。ワラスに来たらぜひご賞味ください!

Akira Inoue - Blog de nandi peru6
露天で売っているセビチョチョ