Nature and Interpretation Peru

Awanacancha, Ruinas & Mercado Pisac

聖なる谷観光その2_アワナカンチャ・ピサック遺跡・ピサック市場

クスコから聖なる谷へ向かうルートには主なものが2つあり、寄れる観光地もそれぞれ異なります。こちらのページではアルパカなどの南米ラクダ科動物と織物見学の両方ができるアワナカンチャ、ピサック遺跡とピサック市場をご紹介します。ただし、3箇所回ると結構時間を取られるため、行程次第ではこのうちの2箇所、もしくは1箇所のみを訪問するのでもよいでしょう。

※実はルート上にコチャワシ動物保護園という場所もあるのですが、保護というよりは単に見せ物にしている感じしか受けないため、ここでは紹介していません

◎アワナカンチャ

南米に古来より生息するラクダ科動物4種(アルパカ、リャマ、ビクーニャ、グアナコ)を見ることができ、エサやりも可能です。敷地内には織物に関するデモンストレーションをしている地元のセニョーラたちもいて、糸の染め方、染色材料、織りの様子なども見学できます。

◎ピサック遺跡

広大な敷地に数々の遺跡が点在する場所。一般的なツアーでは遺跡上部のみ見学して次へ行ってしまいますが、本当の見どころはさらに奥に進んで下ったところにある「インティ・ワタナ」です。精巧な石組、巨大な扉、神殿中央に祀られている不思議な形に彫刻された石、水場、マチュピチュ遺跡でも見られるチャカーナ(アンデス十字)の半分をかたどった置き石など、明らかに他とは違う作り方をされています。さらに続く道を行けば、見晴らしのいい斜面に作られた建造物を自由に探検したり段々畑(テラス)を横切ったりしながらピサック村まで下ることができます。時間がかかるので行程に余裕を持つとよいでしょう。

◎ピサック市場

村の中央広場周辺に広がるピサック市場は日曜日が一番盛り上がりますが、その他の日でもたくさんの露店が出ており民芸品を物色することができます。よくある民芸品に混じって、年代を感じさせるものや石の彫刻、鉱石系もたくさん売っています。

アクセス

プライベートツアーもしくはグループ混載ツアー利用で専用車移動、もしくはタクシー自力手配。

スケジュール

行程 メモ
終日

クスコ標高3400m アワナカンチャ 3500m ピサック遺跡 3430m ピサック村・市場 2980m そのままピサック村に滞在するか他の聖なる谷の町(オヤンタイタンボ村2800mなど)へ ◎逆ルートも然り

ピサック遺跡以外は歩きは平坦。ピサック遺跡はグループ混載ツアーで行くと上部しか見学しませんが、村まで降りるロングルートもあり。

サービス(弊社プライベート手配の場合)

  1. 日本語でのやりとりができますのでご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。ご旅行費用お振込後手配を進め、最終日程表、緊急連絡先、諸注意事項、装備一覧表、高山病対策資料、ペルーにおけるお勧めレストラン情報等をメールにてお送りします。

  2. プライベート送迎車、政府公認観光ガイド(英語・西語・日本語)、宿泊、ペルー国内航空券や長距離バスチケット、鉄道や遺跡チケット、必要な昼食弁当等を手配できます。

  3. 手配料金に運転手やガイド等スタッフへのチップは含みません。

/

ご注意

  • 必ずご旅行前に全活動をカバーする旅行保険にご自身でご加入ください。

  • 必ず事前に十分な高度順応を行なうか、来たばかりの時は高山病対策を怠らないようにしてください。高度順応についてはこちらをご覧ください。

  • 体調に異変を感じた際には決して我慢をせず、必ず同行のガイドもしくはスタッフにご報告ください。他人に迷惑をかけたくないがために我慢をする方が(特に日本人に)多いですが、その我慢が逆に他人に迷惑をかけ、また最悪の場合、対応が遅くなることで命に関わる危険性が増えます。

  • 貴重品は常に肌身離さずお持ちください(車内や安宿に置いておくことは厳禁)。パスポート原本は飛行機やバス鉄道利用時、インカトレイルや遺跡入場時、クレジットカード使用時、稀に両替時に必要となります。観光に必要ない場合、信頼のおけるホテルであればセーフティボックスに預けてもよいでしょう。

  • コロナ禍により防疫のためのルールが別途設けられる場合があります。