Nature and Interpretation Peru

Cusco City Tour

クスコ市内観光

クスコ中心地・近郊には訪問スポットが目白押し。全てを半日で見て回るとなると急ぎ足となることもありますが、プライベートツアー手配もしくはご自身で観光すれば興味のある場所だけゆっくり回ることも可能です。

【クスコ中心地の見所】

◎12角の石

6代目インカ皇帝シンチ・ロカの宮殿跡と言われている建物の壁にピッタリはめ込まれた奇妙な形の石。見えている表面部分だけでも力を感じますが、見えない部分は奥行き2メートルもあり、総重量6トンの巨石が使われているというから驚き。

◎コリカンチャ

インカ帝国時代にさまざまな神が祀られていた太陽神殿(黄金神殿)の名で、のちに来たスペイン人がその上にカトリック教会を建て、現在はサント・ドミンゴ修道院と呼ばれています。中に入ればスペイン人の侵略や地震にも負けず残っている精巧な石の建造物を見ることができます。

◎カテドラル

アルマス広場に面して建てられた大聖堂。アンデスの生活や宗教観とカトリックの宗教観が融合した宗教画、大量の銀を使用して作られた祭壇やパイプオルガン、地震からクスコの民を守った黒いキリスト像などがあり、知識のある地元ガイドとともに見学することをお勧めします。

◎サン・ペドロ市場

地元クスコの人々で賑わうローカル市場。食材をはじめ日用雑貨、服、フルーツジュース、定食など多種多様なものが売られています。売り子さんはたいていがカメラを向けると嫌がるので近くで撮りたい場合は何かしら買ってから撮影してもいいか交渉するといいでしょう。治安的に気をつけるべき場所なので必要最低限の荷物で。

【クスコ近郊の見所】

◎サクサイワマン遺跡:

個人的にクスコ市内で一押しの遺跡。他の遺跡には見られない超巨大な石が大量に、かつ精巧に組まれています。初めてここに訪れたスペイン人が「魔術でも使って建造したのか」と驚いたほど。 クスコの街を一望できる展望台もあり。実はかなり広い敷地で、メインで歩かない場所にも遺跡がゴロゴロ。

◎タンボマチャイ遺跡:

今でも古代の水路を伝って水がこんこんと湧き出ており、神聖な場所でよく見かける巨大な二重門もあります。遺跡正面にある丘に登れば美しいアンデスの風景と遺跡が見渡せます。

◎プカプカラ遺跡:

タンボマチャイ遺跡近くの高台に位置しており、見張りを含んだ関所のような役割を担っていたのではないかと言われている遺跡です。

◎ケンコー遺跡:

宗教的な儀式をしていた場所とされ、高貴な人物が亡くなった際のミイラ化作業を行なっていたとされる大きな石の台などがあります。周囲の石には不思議な溝がたくさん刻まれており、謎だらけの場所。

アクセス

クスコ中心地から徒歩で回ろうと思えば回れますが、結構距離があります。専用車手配か自力でタクシーを手配すると効率よく回れます。

スケジュール

行程 時間
半日

クスコ周辺標高3400〜3800m

市内観光ツアーだと中心地と近郊あわせて3時間~4時間程度

サービス(弊社プライベート手配の場合)

  1. 日本語でのやりとりができますのでご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。ご旅行費用お振込後手配を進め、最終日程表、緊急連絡先、諸注意事項、装備一覧表、高山病対策資料、ペルーにおけるお勧めレストラン情報等をメールにてお送りします。

  2. プライベート送迎車、政府公認観光ガイド(英語・西語・日本語)、宿泊、ペルー国内航空券や長距離バスチケット、鉄道や遺跡チケット、必要な昼食弁当等を手配できます。

  3. 手配料金に運転手やガイド等スタッフへのチップは含みません。

/

ご注意

  • 必ずご旅行前に全活動をカバーする旅行保険にご自身でご加入ください。

  • 必ず事前に十分な高度順応を行なうか、来たばかりの時は高山病対策を怠らないようにしてください。高度順応についてはこちらをご覧ください。

  • 体調に異変を感じた際には決して我慢をせず、必ず同行のガイドもしくはスタッフにご報告ください。他人に迷惑をかけたくないがために我慢をする方が(特に日本人に)多いですが、その我慢が逆に他人に迷惑をかけ、また最悪の場合、対応が遅くなることで命に関わる危険性が増えます。

  • 貴重品は常に肌身離さずお持ちください(車内や安宿に置いておくことは厳禁)。パスポート原本は飛行機やバス鉄道利用時、遺跡入場時、クレジットカード使用時、稀に両替時に必要となります。観光に必要ない場合、信頼のおけるホテルであればセーフティボックスに預けてもよいでしょう。

  • コロナ禍により防疫のためのルールが別途設けられる場合があります。