Nature and Interpretation Peru

Lago Titicaca Plan

プーノ・チチカカ湖 おすすめプラン

ペルーとボリビアの両国にまたがっているチチカカ湖は、船などが航行可能な湖としては世界最高位、標高約3,800メートルにあり、琵琶湖の12.5倍にもなる約8,500平方キロメートルの面積を誇ります。インカ帝国の初代皇帝が、チチカカ湖の島に降り立ったという伝説も残っている神秘的な場所です。あまりにも大きすぎてまるで海のよう。チチカカ湖には大小40個ほどの島があり、人々は織物や農業、漁業などをしながら暮らしています。

プーノの町から程近い「ウロス島」にはトトラというカヤツリグサ科の植物を束ねて作った人工の浮島が集まっており、ここを訪れる半日ツアーがあります。ボートから浮島に降り立つとグーーッと足場が沈み込み、ちょっと驚くかもしれません。トトラは島になり、家の建築素材になり、はたまた食糧にもなるという優れものです。

ウロス島観光に加え、「タキーレ島」にも足を伸ばす日帰りツアーもあります。タキーレ島の織物は、2005年にユネスコの世界無形文化遺産に指定されました。タキーレ島ではコバルトブルーの湖面が、そして天気がよければ遥かかなたに白き氷河をまとった山々が姿を現してくれるでしょう。タキーレ島でゆっくりされたい方は、タキーレ島で1泊するツアーも組めます。

「アマンタニ島」まで足を伸ばすのであれば、ウロス島、タキーレ島にも立ち寄る1泊2日の島民泊ツアーがお勧め。アマンタニ島では一般家庭にホームステイ。シンプルな島民の生活を垣間見ながら、優しい味の手料理を味わい、島を散策することもできます。夜にはダンスタイムも。

アクセス

様々な都市・町から空路や陸路でプーノ入りし、桟橋からボートに乗船。

スケジュール

宿泊数

行程 宿泊場所
1日目

プーノ標高3800m AMボートに乗船しウロス島訪問 プーノ

プーノ or リマ

1日目

プーノ標高3800m ボートに乗船しウロス島とタキーレ島訪問 プーノ

プーノ

1日目

プーノ標高3800m ボートに乗船しウロス島訪問。その後アマンタニ島へ

アマンタニ島民宿

2日目

アマンタニ島 ボートに乗船しタキーレ島訪問 プーノ

プーノ

1日目

プーノ標高3800m シユスタニ遺跡3890m フリアカ空港 ◎逆ルートも然り

1日目

プーノ標高3800m デスアグアデーロにてボリビア入国 ティアワナコ遺跡 ラパス ◎逆ルートも然り

ラパス(逆コースだとプーノ)

1日目

プーノ標高3800m バスでボリビア入国。コパカバーナへ 双胴船(カタマラン)でチチカカ湖にある太陽の島へ 太陽の島観光後コパカバーナに戻りバスでラパスへ

ラパス(逆コースだとプーノ)

サービス(弊社プライベート手配の場合)

  1. 日本語でのやりとりができますのでご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。ご旅行費用お振込後手配を進め、最終日程表、緊急連絡先、諸注意事項、装備一覧表、高山病対策資料、ペルーにおけるお勧めレストラン情報等をメールにてお送りします。

  2. プライベート送迎車、政府公認観光ガイド(英語・西語・日本語)、宿泊、ペルー国内航空券や長距離バスチケット、鉄道や遺跡チケット、必要な昼食弁当等を手配できます。

  3. 手配料金に運転手やガイド等スタッフへのチップは含みません。

/

ご注意

  • 必ずご旅行前に全活動をカバーする旅行保険にご自身でご加入ください。

  • 必ず事前に十分な高度順応を行なうか、来たばかりの時は高山病対策を怠らないようにしてください。高度順応についてはこちらをご覧ください。

  • 体調に異変を感じた際には決して我慢をせず、必ず同行のガイドもしくはスタッフにご報告ください。他人に迷惑をかけたくないがために我慢をする方が(特に日本人に)多いですが、その我慢が逆に他人に迷惑をかけ、また最悪の場合、対応が遅くなることで命に関わる危険性が増えます。

  • 貴重品は常に肌身離さずお持ちください(車内や安宿に置いておくことは厳禁)。パスポート原本は飛行機・セスナ・バス・鉄道・ボート利用時、インカトレイルや遺跡入場時、クレジットカード使用時、稀に両替時に必要となります。観光に必要ない場合、信頼のおけるホテルであればセーフティボックスに預けてもよいでしょう。

  • コロナ禍により防疫のためのルールが別途設けられる場合があります。