Nature and Interpretation Peru

Machu Picchu Plan

マチュピチュ遺跡 日本発着おすすめプラン

かつて、現在の南米6カ国にわたって支配領域を広げたインカ帝国が利用していたと言われる天空都市マチュピチュ。人目のつかない断崖絶壁の上に建造され、周りを険しい山脈と蛇行する川に囲まれたマチュピチュはまさに陸の孤島と呼ぶにふさわしい立地です。

そのため16世紀の征服者スペイン人たちの目には留まらず、1911年になって探検家でありエール大学の歴史学講師でもあったハイラム・ビンガムによってようやく ”発見” され、世界にその存在が知られるようになりました(実は彼が来る前からそこに住んでいたペルー人家族がいたんですけどね)。

残された遺物を眺めていると、人間の歴史の中で ”一番進んでいる” はずの現代でも容易に真似できない建築技術、天文知識、道路造設技術、織物技術、治金・治水技術等が当時あったのではないかと思えてきます。

言葉はあっても文字が見つかっておらず、また別の記録媒体が見つかっていても解読できていないため、歴史の真実は大きな謎に包まれたまま。「誰が?」「どうやって?」「何のために?」という疑問符が頭から離れることはありません。

驚愕の遺跡はマチュピチュ遺跡だけではなく、インカ帝国の首都であったクスコ周辺に数多く存在しています。さぁ、謎多き歴史探究の旅に出かけましょう。3400mを越える高地となるため、高度障害がなるべく出ないような行程で、お勧めの遺跡群を効率よくゆったりと回れるモデルプランを以下にご紹介します。あくまでも参考プランですので、ご希望次第でいかようにもアレンジ可能です。お気軽にご相談ください。

アクセス

様々な都市・町から空路や陸路でクスコ入りし、その後陸路や鉄道を利用してマチュピチュ村へ。マチュピチュ遺跡へは村からバス乗車もしくは歩き。

スケジュール

宿泊数

行程 宿泊場所
1日目

日本発。北米経由でペルー・リマ標高約50〜100mへ。

リマ

2日目

リマ終日フリータイム。地元市場や博物館めぐり、美味しいペルー料理堪能など。◎下記※参照

リマ

3日目

空路でリマからクスコ標高3400mへ。専用車でオヤンタイタンボ村標高2800mへ直行し、鉄道に乗り換えマチュピチュ村標高2000mへ。◎高山病発症を避けるため高度を下げて宿泊します

マチュピチュ村

4日目

AMマチュピチュ遺跡観光(登山セットも可)。PMマチュピチュ村フリータイム(ぬるいですが水着着用の温泉あり)。

マチュピチュ村

5日目

鉄道でオヤンタイタンボ村へ。専用車に乗り換え、聖なる谷観光(その1その2)をしながら、もしくは、謎の遺跡訪問+聖なる谷の地ビール工場訪問をしながら標高3400mのクスコへ戻ります。観光なしでマチュピチュ村からクスコへ戻り、PMクスコフリータイムにすることも可能です。

クスコ

6日目

AMクスコ市内観光。PM空路でリマへ戻ります。

リマ

7日目

リマ終日フリータイム。深夜リマ発の飛行機で北米へ。◎リマのホテルで1泊取られて夜の出発時間まで部屋を利用できるようにしておくと便利

8日目

北米経由。

9日目

日本着。

1日目

日本発。北米経由でペルー・リマ標高約50100mへ。

リマ

2日目

リマ終日フリータイム。地元市場や博物館めぐり、美味しいペルー料理堪能など。◎下記※参照

リマ

3日目

空路でリマからクスコ標高3400mへ。聖なる谷観光(その1その2)をしながらオヤンタイタンボ村標高2800mへ。◎高山病発症を避けるため高度を下げて宿泊します

オヤンタイタンボ村

4日目

AMオヤンタイタンボ遺跡観光PM鉄道に乗りマチュピチュ村標高2000mへ。

マチュピチュ村

5日目

AMマチュピチュ遺跡観光(登山セットも可)。PMマチュピチュ村フリータイム(ぬるいですが水着着用の温泉あり)。

マチュピチュ村

6日目

鉄道でオヤンタイタンボ村へ。専用車に乗り換え、聖なる谷観光(その1その2)をしながら、もしくは、謎の遺跡訪問+聖なる谷の地ビール工場訪問をしながら標高3400mのクスコへ戻ります。観光なしでマチュピチュ村からクスコへ戻り、PMクスコフリータイムにすることも可能です。

クスコ

7日目

AMクスコ市内観光。PM空路でリマへ戻ります。

リマ

8日目

リマ終日フリータイム。深夜リマ発の飛行機で北米へ。◎リマのホテルで1泊取られて夜の出発時間まで部屋を利用できるようにしておくと便利

9日目

北米経由。

10日目

日本着。

1日目

日本発。北米経由でペルー・リマ標高約50100mへ。

リマ

2日目

リマ終日フリータイム。地元市場や博物館めぐり、美味しいペルー料理堪能など。◎下記※参照

リマ

3日目

空路でリマからクスコ標高3400mへ。聖なる谷観光(その1その2)をしながらオヤンタイタンボ村もしくはウルバンバ村標高2800mへ。◎高山病発症を避けるため高度を下げて宿泊します

オヤンタイタンボ村 or ウルバンバ村

4日目

AMオヤンタイタンボ村近くの謎の遺跡を訪問後、聖なる谷の地ビール工場にて昼食タイム。PMフリータイム(ウルバンバ陶器工場訪問やオヤンタイタンボ村徒歩圏内の遺跡訪問など)。

オヤンタイタンボ村 or ウルバンバ村

5日目

AMオヤンタイタンボ遺跡観光PM鉄道に乗りマチュピチュ村標高2000mへ。

マチュピチュ村

6日目

AMマチュピチュ遺跡観光(登山セットも可)。PMマチュピチュ村フリータイム(ぬるいですが水着着用の温泉あり)。

マチュピチュ村

7日目

鉄道でオヤンタイタンボ村へ。専用車に乗り換え、聖なる谷観光(その1その2)をしながら標高3400mのクスコへ戻ります。観光なしでマチュピチュ村からクスコへ戻り、PMクスコフリータイムにすることも可能です。

クスコ

8日目

AMクスコ市内観光PM空路でリマへ戻ります。

リマ

9日目

リマ終日フリータイム。深夜リマ発の飛行機で北米へ。◎リマのホテルで1泊取られて夜の出発時間まで部屋を利用できるようにしておくと便利

10日目

北米経由。

11日目

日本着。

サービス(弊社プライベート手配の場合)

  1. 日本語でのやりとりができますのでご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。ご旅行費用お振込後手配を進め、最終日程表、緊急連絡先、諸注意事項、装備一覧表、高山病対策資料、ペルーにおけるお勧めレストラン情報等をメールにてお送りします。

  2. プライベート送迎車、政府公認観光ガイド(英語・西語・日本語)、宿泊、ペルー国内航空券や長距離バスチケット、鉄道や遺跡チケット、必要な昼食弁当等を手配できます。

  3. 手配料金に運転手やガイド等スタッフへのチップは含みません。

/

ご注意

  • 必ずご旅行前に全活動をカバーする旅行保険にご自身でご加入ください。

  • 必ず事前に十分な高度順応を行なうか、来たばかりの時は高山病対策を怠らないようにしてください。高度順応についてはこちらをご覧ください。

  • 体調に異変を感じた際には決して我慢をせず、必ず同行のガイドもしくはスタッフにご報告ください。他人に迷惑をかけたくないがために我慢をする方が(特に日本人に)多いですが、その我慢が逆に他人に迷惑をかけ、また最悪の場合、対応が遅くなることで命に関わる危険性が増えます。

  • 貴重品は常に肌身離さずお持ちください(車内や安宿に置いておくことは厳禁)。パスポート原本は飛行機・セスナ・バス・鉄道・ボート利用時、インカトレイルや遺跡入場時、クレジットカード使用時、稀に両替時に必要となります。観光に必要ない場合、信頼のおけるホテルであればセーフティボックスに預けてもよいでしょう。

  • コロナ禍により防疫のためのルールが別途設けられる場合があります。