Nature and Interpretation Peru

Laguna Paron

パロン湖

標高4200mに位置し、ブランカ山群ひいてはアンカシュ県において一番大きな湖です。差し込む太陽の光次第で濃淡が変化するターコイズブルーの湖面の美しさは69湖にも引けを取りません。

湖のすぐ近くが下車ポイント。そこからすでに絶景が広がっていますが、湖の南西側、モレーン地帯へ続くジグザグ道を登ると、自然の展望台からアグーハ峰、カラス峰、アルテソンラフ峰、ピラミデ峰、チャクララフ峰、ワンドイ峰がさらによく見えるようになります。

展望台ジグザグ道とは別の方向、湖の縁に沿って北東に伸びる道を行けば、アルテソンラフ峰の足下にある氷河湖やさらにその上にある小さな氷河湖へ。ただ見かけによらず距離が長く、ルートが不明瞭な箇所もあることから意外と時間がかかるので要注意です。

パロン湖では有料サービスとしてボートやカヤックに乗れます。ご興味のある方はガイドもしくは管理人にご相談ください。

グループ混載ツアーは移動時間が長い割に自由時間がほとんど取れずワラスへ戻ることになるので、できればプライベート手配で早朝発、もしくは湖周辺で前泊してゆっくり堪能されることをオススメします。

アクセス

迎えの専用車に乗りワラスからカラス(2.5時間程度)、カラスからパロン湖へ(1.5時間程度)。

自力手配の場合

格安グループ混載ツアー利用(弊社手配可)でワラスを8:00AM前後発の乗合専用車に乗車。もしくは乗合バスでワラスからカラスへ。その後タクシー手配でパロン湖へ。

スケジュール

行程 歩行時間
日帰り

ワラス 標高3090m → カラス 2260m → パロン湖 4200m → カラス → ワラス

下車ポイントから自然の展望台までは標高差100m、登り45分程度。

サービス(弊社プライベート手配の場合)

  1. 日本語でのやりとりができますのでご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。プライベート送迎車、宿泊、ペルー国内航空券や長距離バスチケット、政府公認専属ガイド(英語・西語)、日本語通訳スタッフ、昼食弁当(もしくは専属コック)、ご希望の出発時間、立ち寄り場所等を手配・調整可能です。ご希望があればオンラインでの打ち合わせも承ります。

  2. ご旅行費用お振込後、手配を進めます。メールにて最終日程表、緊急連絡先、諸注意事項、装備一覧表、高山病対策資料、ワラスにおけるお勧めレストラン情報等をお送りします。

  3. ワラスご到着後、弊社特製の高山植物フィールド・ガイドをプレゼントします。

  4. ワスカラン国立公園入場料は当日直接お支払いください。

/

ご注意

  • 必ずご旅行前に全活動をカバーする旅行保険にご自身でご加入ください。

  • 慣れない高地での活動には高度順応がとても重要です。高度順応についてはこちらをご覧ください。

  • 体調に異変を感じた際には決して我慢をせず、必ず同行のガイドもしくはドライバーにご報告ください。他人に迷惑をかけたくないがために我慢をする方が(特に日本人に)多いですが、その我慢が逆に他人に迷惑をかけ、また最悪の場合、対応が遅くなることで命に関わる危険性が増えます。

  • グループ混載ツアーをご自身で手配される際は信頼のおける旅行代理店を利用し(事前にネット上で英語やスペイン語の口コミ情報をチェック)、ツアーに含まれるサービスや集合解散場所等をしっかり確認し別紙に書いてもらい、先払いをする場合は必ず支払証明となる領収書を請求し、緊急連絡先と担当名を確認しましょう。

  • グループ混載ツアーは格安のため、ガイドの質やサービスはそれなりで、ガイド1人あたりの参加者数が多すぎることからツアー中はガイドがグループ全体に目を行き届かせることができない(しない)ことをご承知おきください。

    ペルー国内連休中(セマナ・サンタ、独立記念日等)はお早めにご予約ください。場合によっては満員となる場合があります。新型コロナ禍の規制下では通常価格の倍、加えて連休中はさらに倍近く高騰します。ツアー催行会社の都合によりツアー途中でちゃんとした説明もなくバスを乗り換えさせられることがあります。

    料金に含まれるものは西語ガイドと専用車のみです。国立公園入場料は当日支払い、昼食はご自身でご準備ください。専属英語ガイド手配は別途費用がかかります。

  • 貴重品は常に肌身離さずお持ちください(車内や安宿に置いておくことは厳禁)。紛失の際の責任は負いかねます。事前に弊社で預かることも可能です。

  • コロナ禍により防疫のためのルールが別途設けられる場合があります。