Nature and Interpretation Peru

Patagonia: Fitz Roy & Cerro Torre Trekking

パタゴニア:フィッツ・ロイ峰/セロ・トーレ峰トレッキング

「パタゴニア」とは、南米大陸、南緯39度以南(アルゼンチン・コロラド川以南)のチリとアルゼンチンにまたがる地域の名称です。南北に走るアンデス山脈を境に自然環境が異なり、西側には数々の青き氷河とフィヨルド地形が、東側には草原や砂漠が広がり、「世界の果て:フィン・デル・ムンド/Fin del Mundo」と言われるほどの独特な自然景観や動植物が見るものの心を掴みます。

1日の中で全天候型と言われるくらい天気は著しく変わり、立っていられないくらいの強風が吹き荒れることでも有名です。巨大な氷河が数多く存在する南部は、凍結した陸塊として、南極・グリーンランドに次ぎ、世界3番目の大きさを誇っています。

あまりにも広大なため、長期間旅行を続けられる方は別ですが数日の旅行では全てを見て回ることはできません。本ページではフィッツロイ峰とセロ・トーレ峰を展望するトレッキングをご紹介します。

◎フィッツロイ峰:

アパレルメーカー「パタゴニア」のロゴマークはこの山。通説によると1782年に “煙を吐く山” という意味の現地名:チャルテン/Chalten(Chaltel)と名付けられましたが、その後、1877年にフィッツ・ロイと改名。岩峰の周辺から高頻度で湧き上がる雲がまるで煙のようだったので、19世紀までは本物の火山だと思われていたらしい! 町からのピストンコースやバス利用でのトラバースコースがあり、存在感のあるフィッツロイ峰の姿はもちろんのこと、美しい森歩きやそのまま飲める湧き水などを日帰りもしくは山中テント泊で楽しめます。春や紅葉シーズンもお勧め!

◎セロ・トーレ峰:

天を鋭く突き刺す岩峰、セロ・トーレ。多くの探検家が「まるでトーレ(塔)のようだ」とつぶやいたことが名前の由来。スッとした立ち姿が醸し出す雰囲気は、空想の世界にいるような、とても不思議な印象を受けます。セロ・トーレ足下にある湖まで、ゆるやかで気持ちのいい道を歩いて行きます。日帰りもしくはフィッツロイ方面へ足を伸ばし山中テント泊も可能です。

アクセス

アルゼンチンのカラファテから、長距離バスでトレッキングの起点となる町チャルテンへ。どちらの山も町からピストン歩行で日帰りトレッキングが可能ですし、フィッツロイの場合はバスに乗りEl Pilarで下車しトラバースコースを歩くことも可能。

スケジュール

宿泊数

行程 歩行時間
1日目

チャルテン標高400m → ラゴ・デ・ロス・トレス(フィッツロイ展望台)1170m → チャルテンへ戻り

8時間

1日目

チャルテン標高400m → バスでエル・ピラール/El Pilar 450mへ。歩き始め → ラゴ・デ・ロス・トレス(フィッツロイ展望台)1170m → チャルテンへ戻り

7〜8時間

1日目

チャルテン標高400m → ラグーナ・トーレ(セロトーレ展望台)640m → チャルテンへ戻り

6〜7時間

サービス(弊社プライベート手配の場合)

  1. ルートは明瞭でチャルテンの町からご自身で往復できることから基本的に手配はしておりません。事前にガイド手配(英語・西語)をご希望の場合はお知らせください。

/

ご注意

  • 必ずご旅行前に全活動をカバーする旅行保険にご自身でご加入ください。

  • 貴重品は常に肌身離さずお持ちください。

  • コロナ禍により防疫のためのルールが別途設けられる場合があります。